目の疲れのせいで、薄毛になることはあるのでしょうか? 結論からいうと、目の疲れが原因で薄毛になる可能性もあります。 目が疲れてくると、肩や首の筋肉が凝り固まってしまい、血流が悪くなるでしょう。 血流が悪くなると、頭皮に十分な栄養を届けることができないので、薄毛の原因になります。 また、目が疲れてしまうと、髪を育てるために必要なビタミンを消費してしまいがちです。 その結果、頭皮が栄養不足になり、薄毛になる可能性があるでしょう。 このように、目の疲れが原因で薄毛になってしまうことがあるので、目を酷使している人は十分に気をつけてください。 特に、デスクワークをしている人は、目が疲れやすいので注意が必要です。 目の疲れを軽減させるためにも、パソコンやテレビを見る場合は、ある程度の距離を保つようにしてください。 それに、目薬を使用したり、温かいタオルを目にあてて血行を改善するといった工夫も大事です。 目の疲れによる体の血行不良を改善するにはストレッチが有効ですから、毎日ストレッチするのもいいかもしれません。